2020年 2/9今年も東京日本橋にあります「奈良まほろば館」で二回にわたり講演をさせていただきました。

この日も快晴に恵まれる

一か月前の2020年1月に、主催の奈良県様より募集をし、各講演の定員が80名ですが、沢山の応募があり数日で満席になったとのことでした。

昨年と同様に、今年も満席でした。皆様に感謝しています。

講演の前日夜から都内に入り、原稿の最終確認をすると、まだ皆様に伝えたいので、深夜遅くまで編集作業をいたしました。

三重でのイベント終了し、名古屋より東京へ

そして当日、東京日本橋にあります「奈良まほろば館」に到着し、映像チェックや配布する資料などの準備、ふと入口を見ると沢山のお客様が並んでいただいています。 その光景に思わず感動。

講演が10時なのに、その30分前から大勢の皆様が来場され、あっという間に満席になりました。

今回も大勢の鉄道ファンの方々が来られ、大阪や三重からも来ていただき感謝しています。また初めてお会いする方もたくさん入館られ、外と非常に寒いですが、館内は熱気で熱くなっていました。

定刻の10時30分から講演を開始 第一回目のテーマは「鉄道でめぐる絶景の旅」

奈良県での観光を私の観点からご案内 内容の一部をこちらでも公開いたします。

なおパワーポイントの資料の一部は私を応援していただく仲間からの提供です。

90分間フルにお話し、終了予定12時 司会者の締めの挨拶でたくさんの皆様から暖かい拍手をいただき、既に私はウルウルで第一回目の講演を終えました。

そしてお昼を挟み、14時からは午後の講演。満席の中開始。内容をこちらで紹介いたします。

お洒落な東京日本橋

午後からのテーマ「大和の鉄道史から新型特急「ひのとり」まで」内容をこちらで紹介いたします。

両講演共もたくさんの皆様から楽しく聞きましたなど、お褒めのお言葉いただきました。

そして仲間が裏方で協力をしていただきました。彼らのご協力に感動も増し、目頭が熱くなり控室に素早く入りました。本当にありがとうございます。このことは忘れません。

今回の遠征に、お世話になりました荒木さん(後列左)、駒田さん(前列右)、比良岡さん(前列左)