駅のモニターでの告知

私が近鉄に入社したのが1975年(昭和50年)、長い会社人生を歩んできました。
これもひとえに大切な皆様や友人、そして会社の仲間や家族にに支えられたと感謝しています。
振り返れば、45年間の鉄道人生でした。長かったようで短かった気がいたします。

BOSSと言う列車は、徐々に終着駅に近づいています。まだまだ安全運行で走る自信はありますが、ゆっくりと制動をかけ、無事故で終着駅に着くように頑張ります。よろしくお願いいたします。

その45年前にスタートした駅が、なんと近鉄難波駅です。無我夢中で仕事をしたの思い出します。


そんな当時のお話や難波線の開業工事、鳥羽線の新設、志摩線の軌間拡幅などを3月21日(土)に「広報マンと行く 特別講演&50周年記念ツアー」を実施いたします。


そしてテレビ番組でも何度となく登録有形文化財の宇治山田駅で説明をいたしました。今回はツアー参加者の皆様だけ、現地で説明とロケでの撮影秘話もお話いたします。

お問合せや詳しくは近鉄駅案内所へ (主催駅 大阪難波駅)