私BOSS(福原)&中川家&とろサーモン(ゲスト)を交えての爆笑ツアーを開催いたしました。

大阪上本町駅→(大阪線より八木西口連絡線)→橿原神宮前駅→(橿原線)→平端駅→(スイッチバック)→天理駅→平端駅→(スイッチバック)→橿原線→(新ノ口短絡線)→宇治山田

宇治山田駅での見学

伊勢市会館でのトークショー

宇治山田駅→明星車庫→(洗車体験)→山田線→名古屋線

<国の登録文化財 宇治山田駅>

1931年建設当時の面影を、今でも残し、国の登録有形文化財に指定、第1回「中部の駅百選」に選ばれています。外壁はテラコッタで繊細に飾られ、内部のコンコースは広々として二階までの吹き抜けがあり、荘重でゆったりとした駅舎ですが、団体待合室や食堂など、多数の参詣客に対応できる機能的な設計もされています。また、皇室関係者や各界要人が神宮参拝時に降り立つ駅として、貴賓室も備えています。駅舎は3階建て(かつては火の見櫓として使用されていた塔屋を入れると5階建て)、設計は南海ビルディング(現在の大阪高島屋)や浅草雷門駅(現在の東武浅草駅)を手掛けた久野 節(くの みさお)です。

<宇治山田駅3階バスターミナル跡>

第2次大戦後、鳥羽・奥志摩方面への観光客は増加の一途をたどっていました。しかし当時は宇治山田駅が終点で、鳥羽方面へのアプローチは、バスに乗り継ぐか伊勢市から国鉄(現JR)を利用するしかなく、はなはだ不便を極めていました。その後、道路整備に伴い、1961年に宇治山田駅の高架ホームにバスストップを開設し、近鉄特急と連絡した志摩直通の特急バスを運行しました。その後、鳥羽線が全通、志摩線軌道拡幅工事が完成し、大阪・京都・名古屋から鳥羽・賢島への直通列車の運転が可能になったのは、1970年3月1日のことでした。現在でも、1番線の西側に、そのバスストップとバスを方向転換させるターンテーブルを見ることができます。