修復工事が進む日本最古級の機械式気動車「キハ2号」の公開イベントにお邪魔いたしました。

現役時代の「キハ2」   (写真提供:木村 光宏様)

 

 

旧別府鉄道キハ2号を守る会の皆さんとの記念撮影

 

11月11日秋晴れの播磨路に、以前から気になっていました日本最古級の機械式気動車「キハ2号」に会いに行こうと思い立ち、近鉄・阪神・山陽の各路線に乗り浜の宮駅へ

私の故郷と言っても過言でない阪神・播磨地区に自宅(学生時代)があり、懐かしく、晴れ渡る車窓を楽しみながらの移動でした。

そして、「円長寺駅まつりwith加古川ツーデーマーチ」の会場に到着すると、ツートンに輝く「キハ2号」が私に、お帰りと言ってくれているような気が…。初めてキハに会った気がしないほどでした。

市民団体「旧別府鉄道キハ2号を守る会」の皆様が、本体の修復やグッズ販売、パネル展等々

同会の代表・誉田勝さんをはじめ皆さんの笑顔が印象的で、全員で旧別府鉄道「キハ2号」を大切にしている熱意が伝わりました。

旧別府鉄道キハ2号を守る会の皆さんで修復作業

突然、収録も行うと言うことで、私も鉄道アイドルや神戸電鉄元親善大使の皆さんと一緒にお話をいたしました。
またその内容を同録をし、私のレギュラー番組レインボータウンFMにも翌日(11月12日)に、東京から各地に放送をいたしました。

 

車内では一生懸命に修復作業をされている保存会のスタッフ。相当老朽化していますが、皆さんのお力で、少しずつ良くなっています。
私も微力ですが、この日を機会に応援をさせていただきたいと実感いたしました。

来年2月3日(日)に、加古川市の松風ギャラリー2F(松風ホール)にて、午前10:00より「播磨や兵庫の鉄道の過去と現在」をテーマにトークショーされます。是非ともお越しください。

 

 

★旧別府鉄道キハ2号を守る会について