<線路は続くよどこまでもプレゼンツ>BOSS&ちーちゃんと水門・橋梁へ!

毎回、特別チャーター船を大阪水上バスさんがご用意し、大阪の文化や遺産を巡ります、

この春は初めて行く防潮水門を巡ります5月30日㈰は尻無川防潮水門です。


5月30日㈰ 尻無川防潮水門

台風や高潮から大阪守ってきたアーチ型水門が姿を消します。私5歳の1961年に第2室戸台風が尼崎付近に上陸、阪神地区は大規模な浸水被害が発生しました。水に浸かりながら近くの小学校に非難したことを鮮明に覚えています。

その9年後の1970年に高潮から住民を守るために、大阪市内に流れ込む安治川、尻無川、木津川にアーチ型の防潮水門が3か所に設けられました。しかし今後の津波対策などで、この水門が姿を消します。

私福原は、鉄道史と共に道路橋や水門も興味があり個人的に研究をしております。(研究員と共に)近いうちにチャーター船で現地に行こうと計画をしています。記憶に新しい2018年の台風21号が関西に上陸し、高潮から大阪を守った水門です。