以前から注目をしておりました別府鉄道に勉強のために、何度か現地を訪れました。

また「旧別府鉄道キハ2号を守る会」会長の誉田様や会員の皆様に、苦労話をお聞きし、私たちの「有志でめぐる廃線跡シリーズ」でお手伝いを出来ないかと、賛同し今回の協働企画イベントになりました。

★実施日時 7月21日(日) 12時00分(JR山陽本線加古川駅南口改札)

加古川駅改札外(12:00)集合→バスまたは徒歩→野口駅跡(松風ギャラリー)→松風こみち散策→円長寺駅跡(キハ2号見学)→松風こみち散策→別府口駅跡→多喜浜洋館見学・勉強会→山陽電鉄別府駅(17:40頃解散)

受付は11:40から行います。
※終了後、懇親会を別途予定しております。
※昼食は各自お済ませの上、ご集合ください。
※行程は予告なく変更になる場合があります。

★募集人員 50名(旧別府鉄道キハ2号を守る会会員さま等を含みます)
※誠に恐縮ではございますが、中学生以下のお子さまのご参加はできません。

野口駅

◎ココがポイント!
★廃線跡(松風こみち)を散策
★キハ2号、車内の特別見学と説明(修復の状況をを間近にご覧戴けます。)
★多木化学(別府鉄道の所有会社)創業者(多木久米次郎さま)についてのお話し
★日頃は入館がほとんどできない多木浜洋館(登録有形文化財(建造物))の見学とトーク&勉強会
★参加記念特製キーホルダ付き

橋梁

レールがそのまま残っています。

「有志でめぐる廃線跡シリーズ」研究会とキハ2号を守る会様が協働で有志を募り、別府鉄道の廃線跡(野口線)を歩き、播磨の地域振興を支えた別府鉄道とその親会社現多木化学(多木肥料)様の創業者多木久米次郎様の偉業にふれ、当時の産業振興と地域振興の在り方を学び、現在の鉄道輸送や鉄道遺産保存活動の諸課題解決につながるヒントを得る学習型イベントを田木化学(株)様、学校法人多木学園様のご協力により加古川市別府の多木浜洋館(あかがね御殿)にて開催をさせていただきます。

今回の協働開催イベントは多木化学(株)様、学校法人多木学園様のご厚意により、普段一般非公開の多木浜洋館(通称あかがね御殿)を弊会のために特別に貸切させていただき開催をさせていただきます。建物内部の見学会も同時に行いますのでぜひご参加をいただければ幸いです。




現在参加者を募集(定員50名:申込必要有料イベント)しております。

◎交通手段について

近鉄方面から:

【山陽明石駅のりかえ加古川駅の場合】
大阪難波駅10:06(尼崎ゆき普通)に乗車の上、尼崎で姫路ゆき直通特急乗車し、山陽明石でJR神戸線明石駅11:38発、姫路ゆき新快速で加古川11:52着(大阪難波~山陽明石1,000円・明石~加古川320円)
※帰路は山陽電鉄別府駅より乗車となるため、シーサード1Dayチケット(販売価格2,000円)でもお得となります。
※シーサード1Dayチケットは、大阪難波駅でも購入可能です。東側(日本橋寄り)の特急券売り場で購入できます。購入の際は窓口が混雑している場合もありますので、時間に余裕を見てご購入ください。

【山陽電鉄別府駅からかバス利用の場合】
別府経由の場合:大阪難波駅9:27発(尼崎ゆき普通)に乗車の上、尼崎で姫路ゆき直通特急に乗換、東二見で普通姫路ゆきに乗換、別府10:58着、かこバス11:13発加古川駅11:43着
※この場合、シーサイド1Dayチケットがお得です。

※シーサード1Dayチケット(販売価格2,000円)でもお得となります。
※シーサード1Dayチケットは、大阪難波駅でも購入可能です。東側(日本橋寄り)の特急券売り場で購入できます。購入の際は窓口が混雑している場合もありますので、時間に余裕を見てご購入ください。

◎参加費
加古川駅発・山陽電鉄別府駅解散            大人4,000円 小人 設定はありません。

<参加費に含まれるもの>施設見学料、資料代、記念品代、保険代、諸税等
※現地までの交通費、昼食代、懇親会費用は含まれません。
※施設の都合上、中学生以下のお子さまのご参加はできません。

◎参加申込 や問い合わせ
https://hompo.jp/haisen/?page_id=277

◎ホームページ
https://hompo.jp/haisen/

cof